北の勝

根室のいとこから、『去年のだけど、「搾りたて」が手に入ったよ!』と連絡があった。

「搾りたて」とは、碓氷勝三郎商店「北の勝」の「搾りたて」で、超入手困難なお酒。
「北の勝」は日本最東端のお酒として有名で、ほとんどが道東で消費されるので、東京の人は知らないと思うけど、向こうじゃホントに一般的なお酒。

「搾りたて」は愛好家が買い占めるのでほとんど市場に出回らない。
今回は知り合いの愛好家が買い占めたのをゆずって貰ったらしい。

これが、旨い!

旨い日本酒はスッキリとして水に近づくと言われているけど、なんのなんの、しっかりと味がある。
寒い所でじっくりと低温熟成された味は、水よりも米の味に近い感じ。

北国のお酒は、寒い夜を選んで呑むのがいいね。
五臓六腑に染み渡る感じがするよ。

根室のお酒「北の勝」、以後お見知りおきを。
まあ、ウチの親戚は根室出身と言うか、旧島民(親父は4歳の終戦まで北方領土)なんだけどね(¬∀¬)σ。


323077_228309810596522_1709785061_o

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)