士農工商

士農工商って、身分制度だったの?
階級闘争思想が強い時代の教育を受けたから、そういう風に習ったけど、実際のところはどうなんだろう?

体系化すると以下の様になる。

士 = 政治家・官僚
農 = 第一次産業
工 = 第二次産業
商 = 第三次産業

官僚が一番偉くて、生産者がその次、サービス業は一番下に位置づけられている。
階級云々はおいといて、これが江戸時代までの日本人の意識。

そして、富国強兵、戦後復興では、加工・物作りが中心となっていく。
日本人の意識は、この状態で止まっている。

例えば、経団連のトップには、メーカー出身者のみ。
金融や流通などのサービス業は経団連では冷遇されている。

現在、サービス業が日本経済の60~70%も占める。
孫さん(←サービス業)や柳井さん(←ある面、メーカーなんだけど、流通業だよね?)などの稼いでいる人たちだって、第三次産業だよ。

米国は早くから産業構造を変えたよ。
日本が米国メーカーを潰したなんて言うのはレトリック。
自ら変えていった結果だよ。
ITが隆盛を極めたのも、それのお陰。
金融で喰っていけるのもそう。

日本もそろそろ産業構造を変えたら如何でしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)