As Times Goes By

「As Times Goes By」は、映画「カサブランカ」の主題歌だ。

You must remember this,
A kiss is still a kiss
A sigh is just a sigh
The fundamental things apply
As time goes by

And when two lovers woo, they still say “I love you”
On that you can rely
No matter what the future brings
As time goes by…………………………..

これだけは忘れないでね
キスといえば キスをすることだし
ため息といえば やっぱりため息をつくことなんだ
だから、どんなに時代が流れようとも
根本的なものは何も変わらないものなんだよ

恋人たちが愛を伝えるときは、依然として“I love you”って言うし
それで絆が深まったりするよね
この先、どんな未来が訪れようとも
これは決して揺るぐことのないことなんだよ…….

この曲の初演は1930年ぐらい。
アインシュタインが一般相対性理論を発表して、世界恐慌が始まり、ヒトラー政権が生まれ、目まぐるしく変わる時代のまっただ中で発表された。

あまりにも有名なこの曲にヴァースがあると知ったのは、今から25年程前、高校2年の時だ。

当時はバブル真っ盛りで、みんなリゲインと言う謎の飲み物を飲んで、24時間戦っていた。
1930年代もオレの生きていたバブル時代も同じように今よりも速い時間が流れていた。
そんな時代の流れを横目で見るようなヴァースが凄くカッコイイ!

ちなみに、ヴァースと言うのは、歌の前説みたいなものなんだけど、全く違うメロディーの歌のこと。

This day and age we’re living in gives cause for
Apprehension with speed and new invention and
Things like third dimension
Yet, we get a trifle weary with Mister Einstein’s theory
So we must get down to earth, at times relax, relieve the tension
No matter what the progress or what may yet be proved
The simple facts of life are such they cannot be removed

今のこの時代に生きてる私たちは
やれ、スピードの速い乗り物だの、新しい発明だの、異次元のことだの
将来への色々な気苦労がたえないよね
それにアインシュタイン博士の相対性理論だの光量子説もね
そういう難しいことにも疲れちゃったよ
でも、こんな時代だからこそ世の中に振り回されすぎないで
ときにはリラックスして、不安を和らげたりするべきなんだよね
世の中の色々な発展のこととか
いつか証明されるであろう立派なことばかりが重要なんじゃない
生きていくうえで本当に大事なことはただ一つ
そしてそれは、どんな時代であろうとも
決して揺るぐことのないことなんだよ

そう、このヴァースに続いて、あの曲が流れるんだ!

You must remember this,
(これだけは忘れないでね)
A kiss is still a kiss….
(キスといえば キスをすること….)

凄くない?(*○゚∀゚O)
タダのラブソングなのに、ヴァースで相対性理論まで語っちゃうんだよ。
この落差が高校生のオレには凄く衝撃的だった!
もちろん、今でも衝撃的!

当時、青春真っ盛りオレは、そんな話をしながら、女の子を口説いていた(^ー^)。

女の子の口説き方なんて、いつの時代も変わらないよね?(¬∀¬)σ
小難しい話と、それに続く、軽い口説き文句。
どんなに時が変わっても….As time goes by….


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)