真空管アンプ

仕事中に流す音楽は、真空管のアンプでドライブしている。
音がマッタリしていて、何とも心地いいからだ。

使用しているのは、ラックスのA1020と云うアンプ。
10年ぐらい前にヤフオクで5万ぐらいで手に入れた。
バラしてタマだけで売っても10万ぐらいするから、お買い得だったよ。

実はこのアンプ、出力段に3極出力管6RA8と云うタマを使用している。
この6RA8は2A3を模して国内メーカーが作成したタマで、なめらかな中低域と抜けの良い高域がすっごくいい(⌒▽⌒)V!
もちろん、本家の2A3をも遥かに凌駕している!

しかしながら、最近、左チャンネルから、シッーと微かなノイズが!(-“”-;)
んんんーー。

現在、国内メーカーで真空管を作っている所は皆無。
当然、6RA8は高価で取引されている。
BGM用にそんな出せないし、これを聴き潰したら、もう買えないだろうなぁ~。
2A3(←つってもRCAとかのオリジナルは高価なので、コピーモノ)の適当なのを買うしかないかな?


459604_257760640984772_1628100709_o

P.S.
写真右隣のロボットは、毎年開催されている「三茶de大道芸」のアート楽市で購入した陶器製。
見た瞬間一目惚れで、速攻購入!
誰の作品だかは忘れた。まあ、アマチュアのなんだけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)