吾十有五にして学に志す

長女の誕生日会!

志学を迎えました。

今年のプレゼントは、いたって真面目に「論語」にしました。

岩波文庫のが基本と言われているけど、読み比べてみたら、講談社学術文庫のこいつが良さげだったので、これにした。
前日、『何故、15歳を”志学”というのか』を伝えてあったので、このそっけないプレゼントも素直に受けとってくれました。

オレの親父は「漢籍を読め」が口癖だったので、オレは「論語」も「大学」も「中庸」も中学生で読み始めた。
なので、彼女にとっても早過ぎるということはないと思う。

この本は、友として、師として、常にそばにおいて、読み返してほしい。
人生をきちんと生きようとするならば、きっと君の助けになるとパパは信じてるよ。

しかし、厚いからと言って、文庫で1350円はどうかね?
昔の文庫は、もちょっと気軽に買える価格だったのに・・・。








スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)