サラリーマン最後の日

「会社は潰れるが、個人で保守を継続して貰いたい。君との個人契約に切り替える様に、何社かの客先には話した。それでしばらくは、喰っていけるはずだ。」

えっ!!(ΟдΟ∥)

サラリーマンなら、自動的に転職を考える。
次の就職先を探していたオレは途方に暮れた。

・・・・・・転職できないじゃん!

強制的に独り立ちする格好になった。
元々がサラリーマン的思考なので、フリーになるのは、ものすごく悩んだよ。

失業保険の間だけでもやってみるか?
何ヶ月食っていける分の貯金があれば、思い切れる?
何年分?
そんなこと言ってたら、一生食うに困らない人間しか起業出来ないよ!

そんな時、頭に浮かんだ言葉。

『長い旅行に必要なのは、大きなカバンじゃなく、口ずさめる一つの歌さ♪』by スナフキン

人生長いんだし、全てを用意してから歩んでいく訳じゃあない。
貧乏人は手持ち資金が必要と考え、金持ちはアイディアが必要と考えるらしい。
マインドをアップデートしなくっちゃ!

その内、段々仕事が舞い込んできた。
フリーで喰っていける様になった。
28歳の時の話。

人生、どこで、どうなるかは、わからないよね?
┐( ̄~ ̄)┌

P.S.
ちなみに、上記の客先の内の一つで働いていた女と結婚した。
ホント、人生、どこで、どうなるかは、わからないよね?
┐( ̄~ ̄)┌

P.S.
将来は自分で商売をしたいとは漠然と思っていたのですが、いざその状況になると、ホント怖かった。

ここに書ききれないぐらい。飯も喉を通らなかったりした時もあった。
今でも克服出来てないところもあります。

でも、そんな時にはスナフキン(〃^¬^〃)。