東陽一

大原麗子の追悼記念でやっていた『セカンド・ラブ』を観た。
録画したまま忘れてたよ。

凄く良かったよ。
大原麗子もそうだけど、東陽一監督作がイイ!
(〃^¬^〃)

東陽一は、『もう頬づえはつかない』からの作品が凄く好き。
個人的には『四季・奈津子』『マノン』辺りがBESTかな。
(って、両方共、烏丸せつこじゃんΣ⊂( ̄□ ̄~j)

’70年代の新宿の退廃的な感じが全編に漂ってる。
(舞台は70年代でも新宿でも無いけどヾ(-_-;) )
自主映画とメジャーの狭間の微妙な取り方だよね。
その空気感が凄く好きなんだよね。

彼も『化身』から碌な映画、撮ってないよね?って、それ以降は観てないけど・・・。
『化身』は、お金かけ過ぎたメジャー作だから駄作になったのかな?
カルトっぽい感じの方が、彼の撮り方に合ってるのか?

調べたら、まだ撮っていた。
今度、最近の作品も見てみるかな?

映画「マノン」2013年限定上映 予告


大原麗子もいいよな~♪

1980 サントリーレッド CM 大原麗子 長編・高画質

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)