九頭龍神社

長者番付と言えば、ビル・ゲイツが有名だけれども、その前は誰だか知ってる?
西武グループの「堤義明」だ。

西武の屋台骨のコクドの旧社名は「箱根土地株式会社」。

父の康次郎が箱根の開発に着手した時に、箱根神社を堤家の氏神様と決め、奥宮を寄贈、義明の時代に九頭龍神社を再建した。
そのご神威を受けて、世界の頂点に昇り詰めたと考えれば、箱根神社・九頭龍神社がどれだけ凄いパワーがあるか判るよね♪

実は、ここの中にあるのは、新宮なんだよ。
芦ノ湖畔の船でしか行けないところに、本社がある。

本社のお参りには、500円の入場料がかかるんだけど、この入場料を取る様になってから、西武グループが傾きかけたと言われている(¬ε¬)。
ホントかなぁ?

古来、天下を取ろうと思ったら、九頭龍明神を崇拝しないとダメだという説もあるよ。

源頼朝も徳川家康も九頭龍明神に参拝している。
足利尊氏は、京都にある九頭竜大社に行っている。
織田信長は、九頭龍明神を蔑ろにしたから、天下布武に失敗したとも言われている。

って、ホントかよっ!Σ⊂( ̄□ ̄~j

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)