人生いろいろ、天使もいろいろ

イエスの受胎告知をしたんだから、ガブリエルがNo.1か思われているけど、実は違う。
天使軍の天使長は、ミカエルだ。
ガブリエルは、実力派No.1と言うところか?
ちなみに上記二大天使に、「トビト記」のラファエルと「外典」のウリエルを加えたのが、四大天使。

でも本当は、ミカエルを上回る大天使がいた。
ルシフェルだ。
ミカエルの前に天使長を勤めていて、神に匹敵する力を持っていたと言われていた。
そのおごりから、賛同する天使を集め、神に戦争を起こし、そして、敗れた。
敗れて天から堕ちるとき、翼が黒く変色してサタンとなったのは有名な話。

ルシフェルも入れた五大天使として覚えていたけど、ネットで調べたら、そんな数え方はなかったよ。
まあ、裏切り者は、天使として数えないんだろうなぁ。
ルシフェルに賛同して堕天したベルゼブルなんかも、ミカエルよりは実力は上だったから、ルシフェルも入れると彼も入れないといけないから、六大天使になっちゃうね。

ちなみに神がルシフェルに「人間の面倒を見ろ!」と命令したのは、サタンになった後でも取り消し出来ないんだって!(ΟдΟ∥)
だから人間は、生まれながらにサタンの側(((; ゚д゚)))。
すぐに堕落するのは、それが原因だそうだ(笑)。

P.S.
『神曲』はチンプンカンプンながら最後まで読んだけど、『失楽園』は挫折した。
高校生のときだから、今なら読めるかな?
挑戦してみようかなぁ。

P.S.
『失楽園』では、ベリアルが美形で描かれていますね。
今じゃあ、ウルトラマンのベリアルが頭に浮かんじゃうお(笑)。
ベリアルもルシフェルと一緒に反乱軍に加わった。
彼は自分の”美”でおごり高ぶったという感じかな?
そう考えると、優秀過ぎたのが反乱軍になってる。
企業内抗争と同じ?(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)