Englishman In New York

今日の打ち合わせはちょっと衝撃的だった。

デザイナーとの打ち合わせだったのだけど、指定されたのはジャズ喫茶(と普通の喫茶店の中間の様な店)。
普通のWebデザイナーの感じではなくて、印刷関係のデザインがメインのちょっと芸術肌の人。
ちょっと変わっていて、初老のお姉って、感じの人だった。

話の中で、スティングの「Englishman In New York」の話題になった。

オレは今まで、この曲の”Englishman”はスティングの事だと思っていた。
つーか、当時、小林克也もベストヒットU.S.A.で、そう言っていたよ。

このMVを視ていると、老婆が何度も出てくるのが判る。
この人物はQuentin Crispと言う人で、男性に生まれながら、女性としてしか生きられない人だったらしい。
当時のイギリスで差別され、N.Y.に流れてきたが、そこでもまた差別の対象として生きてきた。

実は、この人の事を歌っているそうだ。
引いては、セクシャル(だけじゃなくて全ての)マイノリティについての曲だそうだ。

最後に何度も、

Be yourself no matter what they say

(自分らしくしなよ 彼らが何を言おうと問題はない)
と繰り返しているのも、そう言う意味なんだそうだ。

んん~ん、確かにそんな感じの曲だね♪

あ、あれ?
もしかして、口説かれてたのか?Σ( ̄▽ ̄ι)

Sting – Englishman In New York


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)