10代で読んでいないと恥ずかしい必読書

「10代で読んでいないと恥ずかしい必読書」なるものを2ちゃんねるで拾った。
ちゃんとツボを押さえている(笑)。

自分自身、文系と書いてあるところの半分ぐらい、理系なんかは4冊しか読んでないよ(理系なのに(ノД`))。
でも、今更読む気はしないかな。

「10代で読んでいないと・・・」じゃなくて、高校~大学のある時期に、こう言った小難しい本に傾倒する時期があるんだよなぁ。
ドロドロの純文学とか、小林秀雄とか、吉本隆明とか(笑)。

それで哲学的な台詞で頭を満たして、友達と議論したりしてヾ(-_-;) 。
「カミュ=サルトル論争」なんか、2晩も議論したけど、社会に出てから何の関係も無かったよなぁ┐( ̄~ ̄)┌。

そう言った時期にしか、この手の本を読もうとは思わないよ。
逆に言うと、その時期にどのくらい読んだかで、人生の総数が決まるね。

文系

プラトン『国家』
アリストテレス『ニコマコス倫理学』
ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』
ヘーゲル『精神現象学』
デカルト『省察』
パスカル『パンセ』
ライプニッツ『単子論』
カント『純粋理性批判』
キェルケゴール『死に至る病』
バーク『フランス革命の省察』
ジェイムズ『宗教的経験の諸相』
ニーチェ『道徳の系譜』
ベーコン『ノヴム・オルガヌム』
フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』
メルロ=ポンティ『知覚の現象学』
ハイデッガー『存在と時間』
アーレント『精神の生活』
ヨナス『責任という原理』
サルトル『存在と無』
ベルグソン『時間と自由』
ミンコフスキー『生きられる時間』
レヴィナス『全体性と無限』
フロイト『快感原則の彼岸』
ヤマグチノボル『ゼロの使い魔』
ドゥルーズ=ガタリ『アンチ・オイディプス』
フォーダー『精神のモジュール形式』
ヤスパース『精神病理学総論』
エレンベルガー『無意識の発見』
ラカン『精神分析の四基本概念』
フーコー『言葉と物』
ソシュール『一般言語学講義』
ヴェイユ『重力と恩寵』
ディルタイ『精神科学序説』
ブーバー『我と汝・対話』
ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』
ミンスキー『心の社会』
ライル『心の概念』
バタイユ『エロティシズム』
アガンベン『ホモ・サケル』
ラッセル『西洋哲学史』

理系

高木貞治『解析概論』
ハイデガー『存在と時間』
コルモゴロフ『確率論の基礎概念』
デカルト『方法序説』
アインシュタイン『相対性理論』
ストロガッツ『SYNC』
アトキンス『エントロピーと秩序』
岡潔『春宵十話』
ゲーデル『不完全性定理』
ルネトム『構造安定性と形態形成』
ペンローズ『皇帝の新しい心』
フェルミ『熱力学』
シュライバー『無機化学』
ガウス『誤差論』
ヒルベルト『幾何学基礎論』
朝永振一郎『スピンはめぐる』
ブレジス『関数解析』
ポアンカレ『科学と方法』
シュレーディンガー『精神と物質』
プラトン『テアイテトス』
キャンベル『生物学』
ハイゼンベルク『部分と全体』
ニュートン『光学』
ライプニッツ『モナドロジー』
ケイン『スーパーシンメトリー』
デルコミン『ニューロンの生物学』
ユークリッド『ユークリッド原論』
カントル『超限集合論』
アトキンス『物理化学』
シャハレビッチ『整数論』
ニュートン『プリンシピア』
プリゴジン『確実性の終焉』
ローレンツ『ソロモンの指環』
ブルバキ『数学原論』
ポントリャーギン『連続群論』
ヴァイル『ソンメトリー』
ファインマン『統計力学』
シューム『「標準模型」の宇宙』
ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』
キースラー『無限小解析の基礎』
ウィーナー『サイバネティックス』
カドムツェフ『プラズマ中の集団現象』
アーノルド『古典力学の数学的方法』
ルベーグ『積分・長さおよび面積』
ディラック『量子力学』
ノボルヤマグチ『ゼロの使い魔』
バーンスタイン『リスク』
ケプラー『宇宙の調和』
ミチオカク『超弦理論とM理論』
アダマール『発明の心理』
ストライヤー『生化学』
セール『有限群の線型表現』
マスロフ『摂動論と漸近的方法』

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)